消費者金融の融資

50万円以下なら収入証明書不要

消費者金融のキャッシングローンは、運転免許証や健康保険証の本人確認書類が1点あれば申し込みができます。収入証明書も原則不要で、50万円以下の限度額の申し込みなら準備をしなくても申込ができるのです。収入証明書がもし必要となると、常に保管している方はいいのですが、源泉徴収票など1年に1回1月頃に発行される書類です。今年もらったことは覚えているがどこにやったか忘れたとなると、会社に頼んで再発行してもらうかとなります。そうすると再発行してもらうために時間もかかりますので、即日融資して欲しい場合は書類の準備だけで時間がかかってしまいます。それが、収入証明書不要でキャッシング申込みできるなら手間が省けます。

収入証明書が必要になるケース

消費者金融のキャッシングローンは、原則収入証明書は不要で本人の申告した年収だけで申込ができるのですが、審査の内容によっては収入証明書が必要になるケースがあります。限度額を50万円以上希望される場合です。また他社での利用残高と現在申込をしているキャッシング会社の限度額との合計金額が100万円以上になる場合に収入証明書が必要となります。該当しなければ基本的に不要ではあるのですが、在籍確認で書類で確認したいとなると収入証明書がで確認が必要とされることもあります。また自営業で住宅兼店舗という場合は、在籍確認で電話しても会社に電話しているわけではありませんので、その場合は確定申告書持ってきてくださいといわれることがあります。

Page Top