利息の返済

利息に関する基本知識

利息とは貸付手数料のようなもので、カードローンの返済時に元金に合わせて返していくお金です。利息は金利を元に割り出されます。 金利は貸主と借主の間で自由に取り決めていいことになっていますが、立場が弱い借主の足元を見られて高い金利で貸付られるかも知れないというネックがあります。そこで法律で金利の上限を規定しました。これを利息制限法と言います。 利息制限法で取り決めた金利上限は元金に応じて変わります。 元金10万円未満は年利上限20%、10万円〜100万円未満は年利上限18%、100万円以上は年利上限15%までとしています。例えばカードローンで融資限度額50万円で借りた場合は年利18%以内で金利が設定されることになるシステムです。

早めの返済で利息が安い

カードローンでは金利が低いほど利息負担が減ると考えるのが常識ですが、仮に利息制限法が定める年利上限で貸付を受けても、返済の仕方によっては利息負担はかかりません。 というのも利息は金利、元金残高、返済期間によって変わります。つまり、低金利で融資を受けたとしても返済期間が延びるほど利息負担がかさみ、逆に高金利で融資を受けても返済期間をできるだけ短縮することで利息負担は苦にならないのです。 それを踏まえ、カードローンは出来るだけ短期での返済を心がけることが大切でしょう。そのためには一括返済が最も望ましいですが、リボ返済で返していくにしても毎月の返済額をできるだけ高く設定して返していくのがおすすめされています。

Page Top